4月9日(金)9:00から小竹の田んぼの作業を参加者6人で行いました。
田んぼの中の稲株を刈り払い機で刈り、田面をならしました。
ガマが出ている所は地下茎から取り除きました。
小竹の田んぼと三角田にコメヌカとスーパーミネラルを撒きました。
まだ、三角田と農道、畦の草刈りが残っています。

4月3日(土)9:00から水苗代作業を参加者8人で行ないました。
苗は2.5葉になりつつあります。
ハウスとトンネルの苗箱10枚づつ水で50倍に希釈した硫安を施肥し、
その後、葉についた肥料分を水で流しました。

60枚の苗は青菅実験田に運び、水苗代にしました。
水苗代の周囲に水鳥の被害に遭わないよう畦シートを設置し、防鳥用のネットで覆いました。

青菅実験田にはスーパーミネラルとヌカも撒きました。

育苗中のハウスやトンネルで使用したシート類は青菅実験田の横の井野川で洗いました。

田植えの予定日4月29日(木)まで、田んぼで成苗をめざし、育苗となります。
2021-04-03水苗代
2021-04-03水苗代 (2)
2021-04-03水苗代 (3)
2021-04-03水苗代 (4)
2021-04-03水苗代 (5)
2021-04-03水苗代 (6)
2021-04-03水苗代 (7)

播種から27日目で、三葉目が出始めています。
カビは酢酸液をかけて、対処しましたが、完全には止まっていません。(写真参照)
明日(4/3)は、苗を水苗代に移しますので、これでカビは収まると思います。
田んぼの水がカビを止めてくれます。

青菅実験田にガマが大きく生長していました。(写真参照)
小竹の田んぼには小さいですが、ガマが多いです。
ガマは地下茎でどんどん増えていくので、地下茎からとりのぞかなければなりません。
2021-04-02ハウス27日目
2021-04-02トンネル 27日目 (2)
2021-04-02 27日目 (3)
2021-03-30カビ
2021-04-02青菅実験田ガマ
2021-04-03ガマ


↑このページのトップヘ